仕事を頑張るフリーターのセミリタイア

労働体質ではありますがもう二度と8時間労働は出来ないわ

仕事を頑張るフリーターのセミリタイア イメージ画像

お金と節約

私の新しいスマホZENFONE3MAXあまり良くないみたいです・・・充電の持ちも普通のZenfone Maxより悪いみたい・・・その他の機能も発売日の割りに古いらしい・・・こちらの方が新しいから良いのかと思ったら違ったみたい・・・でも買っちゃったから仕方ない・・・今回は2年使っ
『このペースでスマホの調子が悪くなると考えると・・・』の画像

私はアソコの毛を剃っています。なぜ剃っているのか?理由はアソコの毛に白髪が生えてきたからです。2~3本くらいかと思ったけどよ~く見たらもっとたくさんあった。2~3本なら抜こうと思えるけど全て抜くには痛すぎる本数・・・アソコの毛の白髪って本当に情けなくて・・・
『アソコの毛を剃っていますがデメリットがあります』の画像

本当に物凄く節約しているかと聞かれればホンモノではないと思います。しかし私の貯蓄率は65%。パラサイトシングルならではって感じですよね。使ったお金35%の半分以上は税金だと思います。と考えると自分て本当にお金を使っていないんだよなと思いますわ。なのでお金を使
『貯める事は大事だけど節約が極端すぎるので少し買ってみる』の画像

節約が定着してくるとあまりにもお金を使わなさ過ぎてもっと使った方が良いのかな?なんて思ったりしてしまいます。相変わらず使っていると言えば、買い食い。一か月1万円程度使っています。それと仕事着ですね。毎年10万円くらいは使っています。それでもそれなりに節約して
『お金を使わな過ぎてもっと使った方が良いのかと思ってしまう』の画像

月10万円生活断念宣言をしました。本当に追求すれば出来るんだろうけど、そこまでやるつもりは起きないです。今までは年間240万円使っていたけど近年は160万円まで下げる事が出来ましたしね。細かいところをいろいろと節約してポイントも貯まりやすい様に全て楽天グループで
『月10万円生活を断念宣言した自分 目標が無くなる?』の画像

3足1,000円の靴下を買う人は一生お金が貯まらないこの本が流行っている様ですね。その他にも言われていて自分に当てはまらない事。タバコを吸う人コンビニに行く人私は3足1,000円の靴下を買います!靴下くらいで一生お金が貯まらない訳ないでしょっ!と笑ってしまいますね。
『○○○な人はお金が貯まらない そんな事ねぇ~よっ!』の画像

「レジ」でバレる!二流の人の超ヤバい3欠点●小銭をかき集めて後ろの人をさんざん待たせた揚げ句、結局5円玉が足りなくて1万円札を出す>クレジットカード利用者なのでそれは殆どないですね。●128円という少額のおかき1袋に対してクレジットカード決済を申し出る人さえいるの
『「レジ」でバレる!二流の人の超ヤバい3欠点』の画像

何か良い方法は無いでしょうかね?無いでしょうね・・・いろいろ節約の方法を考えていますが、出し切った感じがあります。最後にして一番大きい節約は軽自動車にした事。前回の車より100万円節約できた。そして維持費は今後節約できる事でしょう。以前の車と今の軽自動車と比
『新しい節約を考えるが全く思いつかない』の画像

アドセンスは去年の後半からそこそこになってきました。と言っても本当にお小遣い程度ですが。私はアドセンスをスマホにインストールしていません。以前はしていたのですが、そうすると大した収益も無いのにしょっちゅう更新してしまうから。なので家に帰ってパソコンを開き
『1日数百円で喜べる楽しみがある アドセンス』の画像

生きている限り不安は無くならないんだ!そしてそれは自分だけではないと言う事。だからって楽観的にはなれないんですけどね・・・だからやっぱり自分は貯蓄の道を突き進んでいくのであると再確認しました。  300万円以上するだろうの車に乗っている同僚もたくさんいる。
『生きている限り老後とお金の不安は無くならない』の画像

https://happy-science.jp/幸福の科学は1986年、大川隆法総裁によって立宗されました。立宗以来30年間、真実の人生観に基づく「幸福」を広めるべく、活動を展開してきました。人間は、肉体に魂が宿った霊的な存在であり、心こそがその本質であること。私たちは、この世とあの
『清水富美加 幸福の科学 新興宗教は金が掛かる 』の画像

学歴と同じでお金があると選択肢が広がります。自分はお金の事を考えるのが好きです。なので同年代の同性の平均よりは貯蓄していると思います。選択肢が広がるのは分かっているけど老後の事を考えると散財は出来ません。って事は選択肢が広がっている訳ではないですね。しか
『お金があると言う事は選択肢が広がると言う事だけど実際は・・・』の画像

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=201702126人に1人の子どもが相対的貧困状態に置かれている日本。その対策は喫緊の課題とされながら有効な手立てを打てていない。そうした中、東京、大阪などの自治体や国が初めて大規模調査を実施。世帯収入だけでは
『2月12日NHKスペシャル「見えない貧困」与えれば良いのか?』の画像

↑このページのトップヘ