仕事を頑張るフリーターのセミリタイア

労働体質ではありますがもう二度と8時間労働は出来ないわ(只今Wワーク中)

仕事を頑張るフリーターのセミリタイア イメージ画像

セミリタ考え

リタイアor現状維持?セミリタイアなんて大抵の人は憧れであって現実的ではないと思っていると思います。この格差社会と言われている中、わざわざ正社員の肩書を捨ててまでリタイアするなんてもったいないし無謀です。  自分は今現在まぁまぁ良い仕事と私生活のバランス
『皆さんは周りの人にセミリタイアを勧めますか?』の画像

・本当に好きな事・飽きても価値があると思う事これら以外の事って長くやっていれば絶対に飽きてきます。セレブ系セミリタイア組の大橋巨泉やヒロミ。この人たちなんてお金に余裕がありまくりな訳ですよね。でも結局働き始めた。2人共復帰の理由は同じで「リタイア生活に飽き
『何でも長くやってりゃ飽きる』の画像

スケジュール帳にいっぱい予定が入るほど忙しい自分ではありません。しかし今日はいろいろ忙しかった。毎日ではパンクしちゃうけどやっぱり時には人間忙しい方がハリが出る気がします。暇人なので来年はスケジュール帳を買わないと思ったのですが、やっぱりスマホで管理だと
『やっぱり人生って忙しい方が良いかも』の画像

やっぱり8時間労働って長すぎやしませんか?昔は正社員だったのでフリーターの人と出会うとこの人将来の事考えているのかな?と勝手ながら心配していました。今は自分がその身ですけどね(;^ω^)昔は正社員以外考えられなかった自分。よくセミリタイア組に入ったなと思います
『やっぱり8時間労働って』の画像

しょっちゅうバイトの求人を見ています。昨日良いなと思った求人がありました。朝5時から8時or9時の配送業者の仕分け。週1,2日でもOK。凄く良いなと思いましたが・・・・朝が早いのがこれからの季節キツイかなと思いますがそれよりも尻込むのは車で25分くらいかかると言う事
『理想のWワークバイト』の画像

歩きスマホがキケンと言われています。自分は殆どする事はないですが絶対にしない訳ではありません。自転車スマホも危険ですね。高校生が自転車スマホ(無灯火)で歩行者とぶつかり重大な障害が残る怪我を負わせ約5,000万円の賠償金が命じられた事もあるそうです。自転車でも
『歩きスマホより運転スマホの方がキケン』の画像

ただ今4連休中です( ^)o(^ )休みって本当に嬉しい。引きこもりですから用事が無い限りずーっと家の中にいます。それは全く苦ではありません。洗濯してネットして昼寝して食う。これが本当に心地よいんですよね。多分人間としてはダメなんでしょうがこれが心地よいんだから仕
『安っぽい幸せ』の画像

私は実家暮らしですが家には一銭もお金を入れていません。とても自慢できる様な事では無いです。今日は少しだけ親と話をしました。私の言い分としては、家にお金を入れていない分しっかり貯めているから安心してと。だから今回の車も軽自動車にしたでしょ?と。私の言い分は
『実家にお金を入れない代わりに』の画像

・寿命は更に延びる・増税は免れない・社会保障は厳しくなるこれらを考えるとセミリタイアはやはり危険なのでしょうか?今は良いけれど20年先はどうなるのでしょうか?やっぱりセミリタイアorリタイアするなら若い時にゴリゴリにお金を稼ぎ貯める事が必要になります。極貧生
『やっぱりリタイアはキケン⚠』の画像

仕事の影響で病気になるほど嫌な思いをした方には響かないかもしれませんが。やっぱり人間に生まれてきたなら人に影響を与えられる人間になった方が良いと思っています。それはリタイアしたなら仕事上でなくても良い。どんな些細な事でも良いから少しは社会の為に役に立つ人
『どうせ人間に生まれてきたなら、どうせ働くなら』の画像

http://avex.jp/pikotaro/#profileI don't have a 〇〇〇.を考えてみました。I don't have a 厚生年金.これは国民年金の自分としてはやはり羨ましいのが本音ですね。I don't have a 社会保険.これは別になんとも思わないわ。I don't have a 雇用保険.正社員時代に教育訓練給
『正社員 I have a サービス残業.』の画像

寒くなってきましたね。若い頃は夏が嫌いでしたが今は夏の方が過ごしやすいと思います。寒いのが段々苦手になってきていますね。私は1日4~5時間、週5日働いています。フルタイムで働いていないので家に居る時間が長いです。買い物やレジャーにも出かけないので休日も殆ど家
『セミリタイアで増える出費』の画像

正社員の時に仕事が暇だと憂鬱だった。やっぱり8時間労働って長いと思います。暇なら帰ってよいと言った感じでフレキシブルなのが良いですよね。日本もその内そうなりそうですかね?正社員の頃は朝の7時台に家を出ていたので憂鬱とか考える暇もなかった。起きてから出勤する
『仕事は楽しいが行く前は憂鬱』の画像

↑このページのトップヘ